【SFC修行】完全ガイド2020!おすすめルート6選や取得費用(PP単価)まで徹底解説

2020 5/25
【SFC修行】完全ガイド2020!おすすめルート6選や取得費用(PP単価)まで徹底解説

この記事ではSFC修行について説明します。

SFC修行の初歩的なところから、オススメのルート(全6種類!)まで紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみにSFC(スーパーフライヤーズカード)で悩んでいる場合には、以下の記事を参考になります!

あわせて読みたい
ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)完全ガイド2020!全8種類を比較しておすすめを紹介します
ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)完全ガイド2020!全8種類を比較しておすすめを紹介しますANAマイレージクラブで上級会員の特典の一部を享受できる「ANAスーパーフライヤーズカード」スーパーフライヤーズカード(Super Flyers Card)の頭文字をとって、SFCな...

\ ANAカードのキャンペーン情報まとめ / ANAマイルの貯め方

2020年6月現在のANAカードのキャンペーン情報は知っていますか?

今なら発行+利用で早速マイルで海外旅行ができるほどに、盛大なキャンペーンを開催中です!

これを見逃すのはもったいなすぎる…

ぜひANAカードのキャンペーンを活用して、大量マイルを獲得してみてください。

https://asahi-newstar.com/19686/
もくじ(クリックで該当箇所へ)

SFCとは?SFC修行とは?

そもそもSFCは、ANAカードの一種でスーパーフライヤーズカードの通称です。

スーパーフライヤーズカードは、ANAの上級会員と同等レベルの特典が得られる特別なクレジットカードであり、一度ある会員ランクに到達することで発行できます。

▼スーパーフライヤーズカードのことは以下の記事でまとめています。

あわせて読みたい
ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)完全ガイド2020!全8種類を比較しておすすめを紹介します
ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)完全ガイド2020!全8種類を比較しておすすめを紹介しますANAマイレージクラブで上級会員の特典の一部を享受できる「ANAスーパーフライヤーズカード」スーパーフライヤーズカード(Super Flyers Card)の頭文字をとって、SFCな...

その会員ランクはプラチナ会員とダイヤモンド会員なのですが、一般人がふつうに飛行機に乗る頻度・距離では到達できません。

まれに出張族の方で到達することもあるみたいですが、プラチナ会員で言っても羽田〜沖縄を25往復くらい必要な難易度なので、よっぽど出張をする方だけでしょう。

なので、無理をしてでもプラチナ会員を目指してスーパーフライヤーズカード(SFC)を発行する人がおり、その行為を「SFC修行」といい、その人を「SFC修行僧(尼)」と呼ばれたりします。

SFCを取得する方法

SFCを取得する方法は、ANAでプラチナ会員もしくはダイヤモンド会員になることです。

一般的にはプラチナ会員を目指して達成し、SFCを取得する方が多いです。

それで、ANAでプラチナ会員やダイヤモンド会員になるにはプレミアムポイント(PP)を貯める必要があります。

  • ブロンズ会員
    年間30,000プレミアムポイント〜
  • プラチナ会員
    年間50,000プレミアムポイント〜
  • ダイヤモンド会員
    年間100,000プレミアムポイント〜

プラチナ会員を目指すなら50,000PPを目指すことになります。

プレミアムポイント(PP)の基本・獲得方法

プレミアムポイントとは、ANAプレミアムメンバーの認定を目的として、毎年1月~12月の12カ月間(暦年)にフライトマイルとは別に積算されるポイントです。

引用:プレミアムポイントとは何ですか(ANA公式サイト)

プレミアムポイントは

  • ANAグループ(ANA・ANAウイングス)運航便
  • ANA便名のコードシェア便
  • スター アライアンス加盟航空会社運航便

を利用した時のみに獲得できるものです。

マイルを使った場合には加算されないので注意してください。

国際線と国内線では、国内線のほうが加算率が高くなります。

補足:スターアライアンス加盟航空会社について

SFCはANAの特典ですのでANA運航便を利用することはお分かりかもしれませんが、ANAが加盟している航空会社のグループ「スターアライアンス」に加盟している航空会社の運航便でも貯めることができます。

スターアライアンス加盟航空会社は以下の通りです。

ユナイテッド航空 エーゲ航空
エアカナダ 中国国際航空
エアインディア ニュージーランド航空
ANA アシアナ航空
オーストラリア航空 アビアンカ航空
ブリュッセル航空 アビアンカ・ブラジル航空
コパ航空 クロアチア航空
エジプト航空 エチオピア航空
エバー航空 LOTポーランド航空
シンガポール航空 ルフトハンザドイツ航空
シンセン航空 スカンジナビア航空
南アフリカ航空 スイスエアライン
タイ国際航空 TAPポルトガル航空
ターキッシュエアラインズ  

※ANA以外の航空会社を利用したときには、PP以外にもマイルが貯まります。各航空会社のマイルとしてもらう以外にもANAマイルとしてももらうことができます。なので、ANAマイルを貯めているのであれば、ANAマイルで貯めることがポイントです。

ただし50,000PPのうち半分に当たる25,000PPはANA運航便を利用する必要があります。

プレミアムポイント(PP)の計算方法

引用:プレミアムポイントとは(ANA公式サイト)

プレミアムポイントは上記のように計算されます。

プレミアムポイントの算出で重要なのは「予約クラス」と「路線倍率」です。

予約クラス

予約クラスごとの積算率は以下の通りです(一例)。

実は航空券の種類はエコノミー・ビジネス・ファースト以外だけではなく、かなり細かく分けられています。

国内線:

  • プレミアム運賃:150%(+400PP)
  • ANA VALUE PREMIUM:125%(+400PP)
  • ANA Flex(普通運賃)・ビジネスきっぷ:100%(+400PP)
  • プレミアム包括旅行割引運賃・海外乗継割引スペシャル:100%
  • ANA VALUE・株主優待運賃:70%(+400PP)
  • ツアー:50%

詳細:ANA国内線利用運賃一覧表

国際線:

  • F・A・J:150%(+400PP)
  • C・D・Z:125%(+400PP)
  • G・E・Y・B・M:100%(+400PP)
  • P・N:70%(+400PP)
  • UHQ:70%
  • V・W・S・T:50%
  • L・K:30%

ここでは、予約クラスによって積算率が違うんだな、くらいでOKです。

路線倍率

一部の路線で1.5もしくは2倍も加算されます。

  • 国内:2倍
  • 海外(アジア・オセアニア):1.5倍

他の路線においては1倍です。

なのでSFC修行をする人は国内線やアジア線を多用しますし、実際に僕自身も宮古島とバンコクを往復しまくりました…!

予約クラスと路線倍率のことを知ると「北海道〜沖縄のプレミアムクラス」が最強ということが分かると思います。

プレミアムポイント(PP)単価について

SFC修行をするにあたって、旅行を楽しみたい方も含め、やはりその費用は安く抑えたいというのはおそらく誰しもに共通する考えではないでしょうか。

PP単価というのは、1PPを取得するのに必要な価格のことで「運賃÷取得PP」という計算で導かれます。

このPP単価が低ければ低いほど、お得にPPを取得しているということですね。

多くのSFC修行者は「PP単価が10円以下」を目標にしているようです。つまり、50,000PP到達までの航空券総額が50万円以内を目指しているということです。

修行をしている方の中には、効率よくPPを獲得するのに国内線で人気の高い「東京〜沖縄」路線を何度も往復している方や、旅行を楽しみながらいろんな地域や国を訪れる方など様々です。

もちろん、時間とお金に余裕のある方は好きな時にたくさん飛行機に乗って50,000PP到達することも可能です(そういう方々にとっては、修行とは言わないかもしれませんが…)。

費用を出来るだけ抑えて30万円代で50,000PPを取得している方もいるようですが、いつも価格が安い日にちに予約できるとも限らず、実際には50〜60万円ほどかけている方が多いように見受けられます。

★基本的な区間のPPまとめ

比較的人気である区間のPPをまとめました。計算の参考にしてください。

国内線

国内線だと中距離でありプレミアムクラスだと一発で1,500PPを超え、長距離になると2,500PPも超えてきます。

国際線

国際線ではシドニーが圧倒的に一気にPPを稼げます。

SFC修行するときの人気路線(ルート)

ところで、SFC修行をした人のスケジュールやルートなど、気になりますよね。

SFC修行によく使われるルートやスケジュールを紹介します。

①東京〜沖縄

東京〜沖縄は、SFC修行をするにあたり定番の路線です。

東京〜沖縄は、SFC修行をするにあたり定番の路線

極端な話ではありますが、たとえば「東京〜沖縄」の往復のみで50,000PPに到達する場合に獲得できるPPと必要往復回数は以下のとおりです。

座席
クラス
片道で
取得できるPP
往復で
取得できるPP
必要往復数
プレミアム
クラス
2,860PP 5,720PP 9往復
(51,480PP)
普通席 1,476PP 2,953PP 17往復
(50,184PP)

プレミアムクラスなら、毎月1回東京〜沖縄の往復をすれば、1月にSFC修行を開始した場合9月には完遂することができます。

とはいえ、このようなスケジューリングは、よっぽど沖縄が好きな方でない限り、本当の意味で辛い「修行」となってしまうかもしれません。

ちなみに筆者は、SFC修行のときにプレミアムクラスで那覇〜羽田の便を利用しました。「スーパーバリュープレミアム28」という運賃で34,000円ほどでした。

また、中には「沖縄〜北海道〜東京」というように三角跳びをしている方も多数います。

②OKA-SINタッチ

修行僧で最も有名な人気ルートは「OKA-SINタッチ」というルートです。

OKAは沖縄那覇空港を表すコードで、SINはシンガポールのチャンギ空港を表しています。

OKA-SINタッチ

具体的には、沖縄→東京(羽田・成田)→シンガポール→東京(羽田・成田)→沖縄と、飛ぶことになります。

OKA-SIN「タッチ」と呼ばれるのは、シンガポールに着いてもすぐに日本に帰るからです。

ほんのちょっとシンガポールにふれるだけなので「タッチ」なんです。

せっかくシンガポールまで行ってもったいない気もしますが、時間に制約がある中、修行するのですから、犠牲はつきものです。

OKA-SINタッチなら、以下のようなルートも可能です。

  • 金曜日に東京から沖縄に行き1泊、土曜日朝に東京を経由してシンガポールへ
  • 土曜の深夜にシンガポールを出て、日曜朝に東京へ到着
  • 日曜昼過ぎに沖縄に飛んで、日曜の夜に東京へ戻る

平日は仕事がある人でも、休みを取ることなくこなすことが出来るのです。

最初と最後に沖縄がついているのは、「国際線航空券に含まれる日本国内区間」として、国内分(沖縄-東京)は往復10,000円で、しかもPPは普通運賃としてカウントされるからです。

沖縄でなくてもいいのですが、国内分は一律往復10,000円なので、どうせなら距離を稼げる沖縄が人気です…!

もちろん、那覇よりもさらに遠い宮古島や石垣でもいいのですが、東京間の本数が多くスケジュールを組みやすい那覇が人気です。

ただ、沖縄以外に住んでいる人は、さらに地元から沖縄への往復チケットを用意する必要があるので注意してください。SFC修行で貯めたマイルを活用したり、LCCを使うのもいいと思います。

OKA-SINが人気なのは、時期や席のクラスにもよりますが、このルート1回で10,000PP以上稼げるからです。それもリーズナブルに。

OKA-SINならPP単価8円も狙えます。

③海外発券

海外発券とは、海外発着の航空券を購入することです。

日本に住んでいたら、海外旅行へ行くときも日本発着の航空券を購入することが一般的だと思います。

たとえばSFC修行によく選ばれているクアラルンプールですと…

▼日本発着の航空券

  • 往路:
    羽田→クアラルンプール
  • 復路:
    クアラルンプール→羽田

▼海外発券

  • 往路:
    クアラルンプール→羽田
  • 復路:
    羽田→クアラルンプール

となります。

この場合、クアラルンプールへ行く便と、クアラルンプールから日本へ帰ってくる便を別途購入する必要があります。

そんな面倒なことをなぜするのかというと、それはズバリ、価格が安いからです!

実際に僕はバンコクで海外発券をしましたが、半額くらいでは?!と言うほどに安かったので、活用しました。

ちなみにバンコク〜東京〜宮古島というルートで海外発券をしたのですが、1往復で18,000ポイントほど獲得でき、値段が20万円ほどなので、コスパよく修行ができています!

SFC修行でかかる費用を抑えたいという方は、ぜひ念頭に置いてみてください。

④シドニータッチ

シドニータッチ

那覇〜東京(羽田)〜シドニーだとプレエコ(積算率100%)で9,662PPも獲得できます。

往復だと約20,000PPほどなので、2往復して少し国内で修行したら50,000PPまで達するので、簡単に終わらせたいならシドニータッチはとてもオススメです。

もしも海外発券すると、PP単価が8円台になることもふつうにあるので、お得に修行できます。

⑤エアチャイナ(中国国際航空)

エアチャイナ(中国国際航空)

※チャイナエアという航空会社もあるので混同しないように注意してください。

スターアライアンスに属するエアチャイナは料金が安く、PP単価を下げることができるため、日数的に海外にいく余裕のある方はよく利用します。

たとえば、東京〜北京〜バンコクをビジネスクラスだと9,957PP獲得でき、値段も10万円前後なのでPP単価10円でビジネスクラスを体験できてしまいます。

筆者のSFC修行ルートの一部を公開(2019年/2020年)

僕の2019年と2020年のルートの一部を紹介します。

ぜひ参考にしてください。

2019年のルート

筆者のSFC修行の一部スケジュールを紹介します。

出発地 到着地 座席クラス 価格 獲得プレミアム
ポイント
PP単価
バンコク 羽田
ビジネス 34,410円 2,860PP 12
羽田
宮古 プレエコ
37,560円 1,675PP 22

この2本のフライトは、どちらも国内線プレミアムクラスに搭乗していますが運賃種別が異なるためPP単価が大きく異なります。

運賃種別は、お得に予約できる種別が数種類用意されているのですが、いわば早い者勝ちです。

人気のある路線や出張などにも使われる路線は早めに予約しておきましょう。

運賃種別について詳しくはANA公式サイトをご覧ください。

2020年のルート

現在予約済みである筆者の2020年のSFC修行の一部は、以下の通りです。

出発地 到着地 座席クラス 予約クラス 価格 獲得プレミアム
ポイント
PP単価
バンコク 羽田
ビジネス Z 222,394円 5,765 13.76
羽田
宮古 エコノミー Y 2,316
宮古 羽田
エコノミー Y 2,316
羽田
バンコク ビジネス Z 5,765
バンコク 羽田
ビジネス E 89,344円 5,765 12.73
羽田
宮古 エコノミー Y 2,316
宮古 羽田
エコノミー Y 13,626円

正直なところ、修行感はほぼゼロです・・・!

せっかくなのでビジネスクラスやプレミアムエコノミー中心で組んでみました。

SFC修行の費用を抑える方法!

SFC修行の費用を抑える方法として、ANAスカイコインという手段があります。

ANAスカイコインは、ANAマイルからのみ交換でき、ANAで現金のように使えるポイントです。

ANAスカイコインを獲得して航空券を購入すれば、SFC修行の費用は抑えられます。

しかし、そもそもANAマイルがない!という状況もあり得ると思います。

そんなときに活躍するのが、クレジットカードの入会キャンペーンの活用です。

2020年6月現在だと、以下のようなカードが大量のマイルを獲得できるキャンペーンを開催中です・・・!

カード名 獲得マイル数
(最大)
ANAアメックスゴールド
60,000マイル
ANAアメックス 35,000マイル
ANAダイナース 71,000マイル

ご覧の通り、クレジットカード発行だけで、一気にマイルが獲得できます!

しかし簡単にマイルを獲得できるわけではなく、条件があるので、もしもクリアできる&発券したいと思うカードがあれば、ぜひご検討ください。

たとえば、ANAアメックスゴールドカードを発券すると、最大93,000マイル獲得できます。

60,000マイルを一気にANAスカイコインに交換した場合、96,000コイン(96,000円相当)に交換できます。

▼交換レートについて

会員ステイタス
ANAカード種類
ANA上級会員
(ブロンズ以上)
SFC
プレミアムカード
ゴールドカード
ワイドカード
一般カード
AMC
交換マイル数 交換後コイン数
1~9,999マイル 1~9,999(1倍)
10,000マイル 13,000
(1.3倍)
12,000
(1.2倍)
20,000マイル 28,000
(1.4倍)
26,000
(1.3倍)
24,000
(1.2倍)
30,000マイル 45,000
(1.5倍)
42,000
(1.4倍)
36,000
(1.2倍)
40,000マイル 64,000
(1.6倍)
60,000
(1.5倍)
48,000
(1.2倍)
50,000マイル~
200,000マイル
85,000~
340,000
(1.7倍)
80,000~
320,000
(1.6倍)
75,000~
300,000
(1.5倍)
60,000~
240,000
(1.2倍)

引用:ANA SKY コイン | ANAマイレージクラブ

SFC修行の費用はおおよそ50万円ほどなので、一気に5分の1ほどの費用を節約できることになります!

もしもSFC修行の費用を抑えたい場合には、入会キャンペーンの活用をご検討ください。

SFC修行をするならスカイトラベラーカードが活躍!

SFC修行をする場合には、以下の2パターンで航空券を手に入れると思います。

  1. 自費で航空券を購入する
  2. ANAマイルをANA SKYコインにして航空券を購入する

ほとんどの場合で①の自費だと思います。

もしも自費でANAの航空券を購入する場合には、スカイトラベラープレミアカードだと、なんとポイント還元5.00%を実現できます!

スカイトラベラー・プレミアカード
国際ブランド AMEX
年会費 常時 38,500円
割引 なし
還元率 常時 1.0%
上限 1.0%
航空券 5.0%
ボーナス マイル カード継続 なし
フライト ボーナス なし
付帯保険 海外 最大5,000万円
国内 最大5,000万円
空港ラウンジ ・国内主要空港 ・ホノルル
キャンペーン情報 最大5,000マイル!
公式サイト >> 公式サイト

また、ANA以外にも、JALをはじめ28社の航空券を購入するときにポイント還元率5.00%となるので、SFC修行で別のワンワールド加盟航空会社を利用するときにも役に立ちます。

貯めたポイントは有効期限が無期限であり、以下の15の航空会社のマイルに交換できます。

アライアンス 航空会社名
スターアライアンス ANA シンガポール航空
タイ国際航空 スカンジナビア航空
ワンワールド キャセイパシフィック航空 カタール航空
ブリティッシュ・エアウェイズ フィンランド航空
スカイチーム エールフランス デルタ航空
アリタリア‐イタリア航空 チャイナエアライン
アライアンス非加盟 エミレーツ航空 エティハド航空
ヴァージンアトランティック航空

ちなみにポイント還元率5.0%というのは、ANAプラチナカードのポイント還元率を上回りダントツで1位です!

上の表の通り、仮に50万円分航空券を購入したときに獲得できるマイル数がかなり変わってくるので、ぜひSFC修行の機会に有効活用してみてください。

\ 今なら最大10,000マイルマイルもらえる/

>>入会キャンペーン情報をチェック

まとめ:SFC修行で優雅なフライトライフを

過酷(?)な修行が必要なSFC会員。

しかし、一度手にすると、半永久的に特典を受けることができます!

時間を短縮できたり、リラックスできたり、ちょっとした優越感も味わえます。
家族会員カードを発行すれば、家族も特典を楽しむことができます。

また、メリットは上級ステータスを獲得する、という結果だけではありません。

修行の過程で得ることができるお金と時間をマネジメントする力や、旅程を組むまでの空想旅行、フライト先に関する知識、SNS上での情報収集や同じ修行僧との交流なども副産物として得られます!

ぜひSFCを取得して、より優雅なフライトライフを手に入れてみてください。

SFC修行をするならANAカードの発行を!

SFC(スーパーフライヤーズカード)を発行するには、ANAカードが必要です。

SFCは、通常のANAカードからの切り替え、という扱いであり、ある特定のカードでしか受け付けてくれません。

もしもこれから修行するのであれば、緊急性はないのですが、発行しておくことをオススメします。

実際に発行できるカード一覧は以下の通りです。

▼ノーマルカード

  1. ANAスーパーフライヤーズカード VISA
    SFC VISA
  2. ANAスーパーフライヤーズカード マスターカード
    SFC マスター
  3. ANAスーパーフライヤーズカード JCB
    SFC JCB

▼ゴールドカード

  1. ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード VISA
    SFCゴールド VISA
  2. ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード マスターカード
    SFCゴールド マスター
  3. ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード JCB
    SFCゴールド JCB
  4. ANAダイナース スーパーフライヤーズカード
    SFCダイナース
  5. ANAアメリカン・エキスプレススーパーフライヤーズ・ゴールド・カード
    SFCアメックスゴールド

▼プレミアムカード

  1. ANA JCBスーパーフライヤーズカード プレミアム
    SFC JCBプレミアム
  2. ANAダイナーススーパーフライヤーズ プレミアムカード
    SFC ダイナースプレミアム
  3. ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード
    SFC VISAプレミアム
  4. ANAアメリカン・エキスプレススーパーフライヤーズ・プレミアム・カード
    SFC アメックスプレミアム

ANAの航空券を買う上で、もっともANAマイルがたまるのはスカイトラベラープレミアカードですが、ANAカードを持っておけばフライトマイルが10~25%増量で獲得できたり、積算率をアップさせて多めにANAマイルがもらえたりと、SFC修行で活躍します!

SFC修行が終わるころには「あれ?!ANAマイルがこんなに貯まってるの?!」と驚くことでしょう・・・!

もしも「ANAカードの選び方を知りたい!」という場合には、以下の記を参考にしてみてください。

マイルおたく|陸マイラー流のANAマイルの貯め方ガイド
【ANA版】陸マイラーのおすすめメインカード決定版! | マイルおたく|陸マイラー流のANAマイルの貯め方ガ...
【ANA版】陸マイラーのおすすめメインカード決定版! | マイルおたく|陸マイラー流のANAマイルの貯め方ガ...陸マイラーとしてANAマイルを貯めるなら、クレジットカードは必須アイテムです。この記事では陸マイラー歴3年の筆者が、ANA陸マイラーが持つべきクレジットカードを厳選し...

ANAカードの発行には、通常1週間ほどかかります。なので、出来る限り早めに発行しておきましょう!

SFC修行は大変ですが、半永久的に恩恵を享受できるので、とても魅力的です。

旅行が快適になって、家族にも喜ばれること間違いなし!

おまけ:SFC修行する恩恵とメリット・デメリット

SFC修行をすることで得られるメリットに魅力を感じられない場合「やるぞ!」という気にはなかなかなれませんよね。

またメリットだけでなく、デメリットとして考えられることも紹介します。

SFC修行を迷っている方はぜひ参考にしてください。

恩恵

ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンド会員及びSFC会員のステータス別プレミアムメンバーサービス一覧は以下のとおり。

SFCの部分を見ていただくと、とても多くの特典が受けられることが分かります。

ブロンズ プラチナ ダイヤモンド SFC
プレミアムメンバー専用
サービスデスク
ANA SUITE LOUNGE
の利用
× × ×
ANA LOUNGEの利用 ×
コンシェルジュサービス × × ×
座席クラスのアップグレード
プレミアムエコノミーへの変更
(2020年3月31日搭乗分まで)
×
国内線の先行予約
国内線座席
指定の優先
国際線事前
座席指定料金の免除
× ×
予約時の
空席待ちの優先
国内線特典航空券・
いっしょにマイル割の先行予約
国内線特典航空券の
空席待ち
× × ×
国際線特典航空券・
アップグレード特典の優先
×
国際線手数料
の免除
× × ×
優先チェックイン
カウンター
プレエコの
チェックイン
カウンター
手荷物受取の優先 ×
手荷物許容量
の優待
国際線のみ
専用保安検査場の利用 ×
優先搭乗案内 ×
空港での
空席待ちの優先取扱
成田空港での
マイカー・バレーの優待
×
羽田空港駐車場の
優先予約
×
香港国際空港の
優先レーン
アップグレード
ポイント
フライトボーナスマイル 40〜55% 90〜105% 115〜130% 35〜50%
ANAゴールドカード
ANAカードプレミアム
特別ボーナスマイル
×
マイル有効期限の延長 × × ×
マイルからANA SKYコインへ
特別倍率で交換
アップグレードポイントから
ANA SKYコインへの交換
IHG・ANA・ホテルズ
フループジャパンでの優待
×
ANAマイレージクラブ
Financial Pass Visa
デビットカード
ATM出金手数料無料
×
オリジナルネームタグ × ×
150,000プレミアムポイント
限定特典ネームタグ・
バゲージタグ
× × ×
80,000プレミアムポイント
限定特典
「ANA SUITE LOUNGE」
ご利用権利
× × ×
「ダイヤモンドサービス」
メンバー限定選択式特典
× × ×
プレミアムメンバー限定
ANAセレクション
ライフスタイルマガジン ×
ダイアリー・カレンダーの
プレゼント
×

ブロンズ・プラチナ・ダイヤモンドの上級会員は会員有効期限が1年です。

しかし、SFCはクレジットカードの年会費を払い続ける限り永久というのが最大のメリットです。

極端な話をすると、1年に1度も飛行機に乗らない年があったとしても翌年に上級会員とほぼ同じサービスが受けられるということです。

メリット

SFC修行のメリットはなんと言っても、スターアライアンス上級会員の資格が一生(クレジットカードの年会費を払い続ける限り)保有できることです。

SFC会員特典をざっと紹介します。

  • プレミアムメンバー専用サービスデスク
  • ANAラウンジ利用可能(同伴者1名無料)
  • 座席クラスアップグレード
  • プレミアムエコノミークラスへの無料アップグレード
  • 国内線の先行予約、座席指定の優先
  • 予約時の空席待ちの優先
  • 国際線特典航空券・アップグレード特典・空席待ちの優先
  • 優先チェックインカウンター
  • 手荷物受取りの優先、許容量の優待
  • 専用保安検査場の利用
  • 優先搭乗

これらの特典のおかげで、SFC取得後の旅行は快適となり、ますます旅が好きになることは間違いありません。

    デメリット

    • 取得するのにお金がかかる
    • 取得するのに時間がかかる

    デメリットはお金がかかることと、時間がかかることです。

    1年間に何度もポイントのために飛行機に乗る時間をつくり、飛行機代だけで50万円以上を費やすということはやはりデメリットと言えます。

    また、せっかく安い運賃の日にちを見つけても、その日に乗れるように調整しなければならないなど、スケジュール管理が大変かもしれません。

    タイトなスケジュールで体調を崩してしまわないよう、自身の体調管理も必要です。

    もくじ(クリックで該当箇所へ)
    閉じる